要約|一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money【幸せな人生を送るためのお金】

資産形成

お金とどう付き合えば良いか?
幸せで充実した人生を送るためには、お金に対する正しい知識で不安を減らしていく必要があるようです。
一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money [ Ken Honda ]からお金の付き合い方を学んで、私を不安にさせるお金の正体を見定めていきましょう。

Happy Moneyは思いやりや愛情、友情を伴って心から感謝して生きるためのお金です。
お金の不安という黒い部分を払拭し本来のお金の意味と向き合いましょう。

happy moneyとは

本書はお金について「Happy Money」と「Unhappy Money」の2種類があるという前提です。

Happy Money…愛情や思いやり友情を伴って流通しているお金
ひと言で表すとポジティブなエネルギーを伴ったお金といえます。

Unhappy Money…不安や怒り哀しみ絶望に伴って流通しているお金
ひと言で表すとネガティブなエネルギーを伴ったお金といえます。

この2種類はお金を使う人の気持ちによって変化するようです。
お金に対する態度が不健全であったりネガティブな感情を抱いていれば、どんなに貯蓄があろうとも、お金が何かしら悪い影響を及ぼしてしまいます。

お金を欲しがる理由

私たちがお金を欲しがる理由を考えてみましょう。
突き詰めていくと6つの理由になるようです。

①基本的な生活を維持するため
②力を手に入れるため
③他人を見返すため
④自由を見つけるため
⑤愛情や注目を得るため
⑥愛情や感謝の気持ちを伝えるため

お金のために働くことが全てではない

私自身も以前から気付いていましたが、考えないようにしていました。
お金持ちや富裕層と呼ばれるステージに属する人たちは、私たちよりも頑張って働いているわけではないことを認めるしかないようです。

一生懸命働くことだけがお金を稼いで幸せになる答えではありません。
決して頑張って働くことが悪いわけではありません。

Happy Moneyの存在を知ったあなたであればお金を稼ぐことが全てではないことがわかります。

IQとEQ

お金は2つの知識から成り立っています。

お金のIQ…経済に関する知識のことでとう社税法その他一般的なお金の知識を勉強することで身に付きます
お金を稼ぐ/生き金を使う/お金を守る/お金を増やすなどが該当します。
金銭管理と誤解されがちなん点を注意してください。

お金のEQ…心の知能指数を表します。
 自分のお金に対する感情に対処するため必要な感性を意味しています。
お金を受け取る/お金に関して楽しむ/お金の流れを信頼する/お金を分かち合うことが該当します。

EQとIQを高める方法

多くの人がお金のEQよりもIQの方を重要だと考えてしまいがちですが、実際はEQの方がはるかに重要視するべきというのが著者の考えです。
(もちろん、IQが不要という意味ではありません)
IQは投資や副業のノウハウ本からいくらでも学ぶことが出来るので、今回はEQの高め方を確認していきましょう。

①疑いの気持ちを抱くのは、当たり前なことを理解する
②心配の良い面を見る
③未来のビジョンを信じる
④お金に対する感情と計画
⑤他人のサポートや愛情を受け取る

Happy Moneyを作り出すための10のポイント

自分のお金をHappy Moneyたいと思うなら今すぐにできる10つのポイントを押さえましょう。

①自分の考えとリンクしたお金を寄付する
②必要な人(友人)にお金をあげる
③友人・大切な人へに贈り物をする
④相手にプラスαを提供する
⑤請求された額より多く支払う
⑥仕事先や上司に贈り物をする
⑦お金を受け取ったら素直(自分に正直に)に喜ぶ
⑧お金を使うときに相手の幸せを祈る
⑨自分を良くしてくれた好きな人やお店から買う
⑩すべてに感謝をする

まとめ

人は誰しも自分の人生を選択する自由があり、あなた自身もやりたいと思うことをやるべきだということです。
お金がないからといって思いとどまる必要はありません。

多くの貯蓄を持っているからといって幸せではないですし、お金が少ないからといって不幸である理由に繋がるわけではないようです。
それらは自分の中にあるお金への偏見や否定的な見方をしていたにすぎないということです。

お金をどのように「稼ぎ」「貯め」「増やし」「使う過程」があなたの人生をhappyにするようです。
お金との向き合い方を見直して自分が望む幸せを手に入れたい方に手に取っていただきたい一冊です。

created by Rinker
¥1,760 (2022/09/25 02:14:53時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました