要約|人を操る禁断の文章術【文章で行動を誘発させよ】

思考・考慮

あなたは文章を書くたった1つの目的がわかるでしょうか。

文章で相手の心を動かし行動させることができれば、仕事でもプライベートでも充実したものなるでしょう。
人を操る禁断の文章術 [ メンタリストDaiGo ]では文法や綺麗な文章書く技術は学べません。
その代わりに読み手の想像力をかきたてて行動へと誘導する文章術をマスターすることができます。

読んだ相手に行動をさせることが文章を書く最大の理由
表現、構成、説得力を見直すことが出来るという点では会話よりも大きなメリットとなる

読み手を動かす文章のコツ

幸いにも文章術は後天的に学ぶことで身に付けることができます

読み手を外読み手の心を動かす文章のフレームワーク
①あれもこれもと書きすぎないこと
②きれいな文章を書こうとしないこと
③自分が書きたいことを書かないこと

ありきたりで常識的な言い回しに、過剰で具体的な条件を表す言葉を組み込むと名言に変わるようです。

読み手に刺さる言葉とは

読み手の心を揺さぶる文章はあなたの心にではなく読み手の心の中にあります。
文章を書く前にどれだけ相手のことを調べられるかで、勝敗は大きく変わります。

伝えたい相手が目の前にいるのであれば行動や態度言葉から相手の心を読み解き、どんな言葉をかけられたいかを考えてます。
特定の相手がいない場合は年齢層や性別一般的な状況を想定することで、文章を届けたいターゲットが定まります。

読み手がつい反応してしまうテーマ

相手が動くトリガーを紹介します。

7つのトリガー
①興味:SNSなどの情報または仕事のメールのやり取りからでも相手の所作や興味の方向をとらえることができる
②本音と建前:理想と現実の間で揺れる感情を利用する
③悩み:年齢と性別から人間関係やお金の悩みなどおおまかな区別ができ、解決策を投じることで読み手が反応する
④損得:デメリットを知ることで相手はこちらを使用し、同時に良くない点を納得してもらい信頼から行動を誘発させます
⑤みんな一緒:「みんながそうしているから」そう思って何か行動を起こした経験が皆さんもあるはずです
これらは「社会的証明」と言う心理学用語があるほど、陥りやすい
⑥認められたい:いわずもがな「承認欲求」に他なりません
相手が誰であろうと承認欲求と言うキラーワードを織り込むことで行動を起こさざる得ない
⑦あなただけの:⑤と逆説となってしまいますが、みんなと一緒の中にもオンリーワンを私たちは求めています。「あなただけ」というワードには気をつけましょう

相手の行動や言動から行動を促すこと罪悪感を持ってしまうという方は「仕向ける」と言う考え方ではなく心に寄り添っている」という考え方に思考を上書きしてください。

文章テクニック

読み手にどんなフレームワークで何のテーマが刺さるかがわかったところで、実際の分上にしていく上でのテクニックを5つ紹介します。

①書き出しはポジティブに
②何度も繰り返す
③話しかけるように書く
④あげて、下げてまたあげる
⑤追伸をつける

まとめ

本書では文章を読みやすさや、きれいな構成を学ぶためのものではなく、読み手に行動を起こさせることを軸にした内容です。
何のために文章を書くかと考えたとき、から必ず必要なスキルではないでしょうか。
不特定多数の相手やピンポイントで行動を起こさせたい人も、事情は人それぞれですが、文章を扱う全ての方に手に取っていただきたい一冊です。

created by Rinker
¥1,540 (2022/09/25 02:09:03時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました